アンチエイジングとは

アンチエイジングという言葉をよく聞くようになりました。
健康にも良いし、美容にも良い。
アンチエイジングのための食材、アンチエイジングできるエステサロン、アンチエイジングのための体操、色々聞きますがそもそもアンチエイジングとは、何なのでしょうか。

アンチエイジングとは、日本語で一言でいうと抗加齢療法になります。
或いは、抗老化療法。
人間は誰でも、年齢を重ねるごとに体に老化現象が起こります。

これは人間だけではなく、生き物すべてに共通していることです。
年齢を重ねるのは素晴らしいことですが、やはり老化現象というのは肉体的に不健康な部分が出てくることもありますし、見た目で以前より見劣りしてしまうようなこともあります。
そんな老化現象を抑制したり、予防したり、改善することを一言でアンチエイジングというのです。

アンチエイジングはおもに美容に良いとして有名になりましたが、本来は医学的な面からみてとても体に良いということで、研究や取り組みが進みました。
年齢が高くなく、絶対に老化を避けることはできません。
見た目は、シミができてしまったりシワができてくるので、昔とはかなり違った印象になってしまいます。

お肌がたるんでしまい、輪郭がはっきりしなくなってしまうことも多いです。
髪の毛が少なくなったり白髪になったりします。
見た目だけではなく、年齢とともに健康状態が悪くなるのも仕方のないことです。

骨が弱くなってしまったり、目が悪くなったり耳が聞こえにくくなったり、内臓が悪くなったりがんができてしまったり、色々なことが起きてしまいます。
更年期障害も特に女性にとっては大きな問題ですし、認知症等は高齢化社会の日本で深刻な社会現象となっています。
どうして老化現象が起きるのか、酸化ストレスだったり免疫力の低下だったり、ホルモンバランスの崩れだったり、いろいろなことが言われています。
それらをトータルして予防したり改善することをアンチエイジングというのですから、私たちにとってアンチエイジングがどれだけ大切な行為か、よくわかりますよね。